ヘッドハンティングで超高待遇のもと転職

前職でもあるWeb媒体の編集部では、地元地域にある飲食店の取材をして、その取材をもとに記事に落とし込んでいく業務を担当していました。
編集部に属しながら、クレジットを記してのライティングだったため、その記事を見た他のWeb媒体の編集部の編集長からtwitter経由でメッセージが来ました。
それは、「記事を見ました。大変魅力的な記事ですね。ぜひ一度お話をしたいので、お会いする機会を設けていただけませんか?」という内容でした。
その時は何のことかよく分からずに、「この媒体とコラボできたらおもしろそう」と単純な考えのもとアポイントの日程を決定しました。
そして実際に会ってみると「ぜひうちで働いてもらいたい」というヘッドハンティングのお誘いだったのです。
その当時働いていた編集部での待遇には既に満足のいくものでしたが、その編集長が提示してきた待遇がそれを大きく上回るものだったのと、業界的にはそこそこ名の知れた編集長だったということもあり、二つ返事で転職を決意しました。
結果、前職の給料の1.5倍、そして副編集長というポストを用意してもらっての転職となりました。
どこでどういう出会いが分からないのが今のご時世。
twitterで記名記事をツイートしていたおかげで、今の職場との出会いがあったと言っても過言ではありません。
今後もいろいろな所にアンテナを張り巡らせて生活をしていきたいと思います。前職でもあるWeb媒体の編集部では、地元地域にある飲食店の取材をして、その取材をもとに記事に落とし込んでいく業務を担当していました。
編集部に属しながら、クレジットを記してのライティングだったため、その記事を見た他のWeb媒体の編集部の編集長からtwitter経由でメッセージが来ました。
それは、「記事を見ました。大変魅力的な記事ですね。ぜひ一度お話をしたいので、お会いする機会を設けていただけませんか?」という内容でした。
その時は何のことかよく分からずに、「この媒体とコラボできたらおもしろそう」と単純な考えのもとアポイントの日程を決定しました。
そして実際に会ってみると「ぜひうちで働いてもらいたい」というヘッドハンティングのお誘いだったのです。
その当時働いていた編集部での待遇には既に満足のいくものでしたが、その編集長が提示してきた待遇がそれを大きく上回るものだったのと、業界的にはそこそこ名の知れた編集長だったということもあり、二つ返事で転職を決意しました。
結果、前職の給料の1.5倍、そして副編集長というポストを用意してもらっての転職となりました。
どこでどういう出会いが分からないのが今のご時世。
twitterで記名記事をツイートしていたおかげで、今の職場との出会いがあったと言っても過言ではありません。
今後もいろいろな所にアンテナを張り巡らせて生活をしていきたいと思います。

20代 転職 エージェント